特集

こと切れるまでの物語

――自分が死ぬ夢を見るのは、これで何度目だろう。

寺谷まさとみ

ファンタジー 完結 過激表現
7時間15分 (260,503文字)
いつもご覧いただきありがとうございます。本作品はシリアスが多く、過激表現がございます。どうぞお楽しみくださいませ。

144 347

あらすじ

―――自分が死ぬ夢を見るのは、これで何度目だろう。 俺は大好きだった子に、生きる枷(理由)を与えられた。 *** 白は死の色、魔に連なるものの色。 悪いことをしたら、端っこから白くなって死んでしま

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品