逃げ場のない空気

自分は優れていると強く信じ、くだらない社会との関係を絶ったカケル。孤独を紛らわすため、過去の経験をネットの海に投げ込む。

ベン

21分 (12,323文字)

15 475

あらすじ

四十歳のカケルはかつて勤めをしていたが、今は無職だ。部屋からはほとんど姿を表さず、自室に二十年間こもっている。顔を照らす青しろいパソコンのモニターだけが、彼と世界を繋ぐ唯一のものだ。退屈と孤独を紛らわ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません