さようならの日に

お前に隠してることがあるんだ

町田 陽希

恋愛 完結
5分 (2,481文字)
コンテスト応募作品です。こういうジャンルは初めて書きました。花言葉って素敵ですね。

12 575

あらすじ

家も隣同士、誕生日も1日違いで、生まれた時からずっと一緒だった香織と恒樹は、大学進学を機に別々の土地で生活することとなった。 一緒に過ごせる最後の誕生日にお互いがプレゼントしあったプリザーブドフラワー

タグ

感想・レビュー 5

綺麗で愛しい物語

凄く、凄く素敵でした……(´TωT`) 誕生日に花と似顔絵!恒樹の純粋さとどこかお茶目な感じの可愛さが伝わってきました。何より相手をちゃんと見ていてくれるところがかっこよかったです✨ あの花の組み合わ
1件2件

好きな人に影響されるって良いな

香織さんの影響で恒樹くんが音楽の道に進もうと思ったというのが良かったです!良い影響を受けているなと思いました。 「ミモザの花言葉を知ってるか?」の部分は、勝手に自分の小説「嘘の花言葉」のあるシーンと
1件2件

素敵!

とっても素敵なストーリーでした! 心がポカポカします( ◜ω◝ ) 花言葉が、美しい雰囲気を作り出していて、爽やかな読後感です。 素敵な作品をありがとうございました!
1件1件
もっと見る

この作者の作品