幻想機関

《発信者》であるシンジュは、ある晩、星に出会う。

つぶあん

7分 (3,720文字)

14 974

あらすじ

何もかもが決められ、忘れられなければならない「この街」で、シンジュは《発信者》の仕事をしている。その理由ももう忘れてしまった。 そのことに「違和感」は感じてはならないものだと、彼は《ヴィオラン》を恐れ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る