「horizon」

水平線の光は四人の道を一瞬だけ交わらせた。

林保彦

青春 完結
2時間37分 (93,870文字)
アンケート作品第一弾。「ライトノベル」で「青春」の物語。小説式なので1ページが長くなっております。

15 798

あらすじ

知らなければよかったね。 僕らはどこまでも行ける気がする。 誰も私を見ている訳じゃないでしょう? もうやめてくれ、こんな子供だまし。 東の空で夏の雲が高く昇っている。 水平線の光は四人の道を一瞬だ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

とても面白かった

読んで良かった。青春模様のむずがゆいような感じが読んでいて心にキた。 良かった。
1件1件

どうして「ホライゾン」なのか?

作者様のコメントにあるように「ライトノベル」で「青春」。 そこになぜホライゾンという超常的な存在が必要なのかを、ずっと考えながら読んできました。 39ページ目まで公開された時点で考察しています。 で
ネタバレあり
2件1件