灰紫の雨が降る街

どうして、ここにいるのかも、ここがどこなのかも忘れた。ただ目の前には灰紫の雨が降る街並みが続いている。それだけだった。

蒼玉

3分 (1,705文字)

14 1,863

あらすじ

どうして、ここにいるのかも、ここがどこなのかも忘れた。 ただ目の前には灰紫の雨が降る街並みが続いている。それだけだった。隣にいた女に言われるがまま、黒い傘を差し歩き出した。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません