その時が来るまで

超・妄想『お父さん』参加作。父とは息子にとって超えるべき存在。

ともなり

4分 (2,146文字)

7 961

あらすじ

事はそう単純ではない…。

タグ

感想・レビュー 2

優秀作品受賞おめでとうございます!

ようやくこちらの審査と僕の気持ちが近くなってきたのかなw 大好きな作品が評価されるのは、とても嬉しいことです。 本当におめでとうございます。 これからのご活躍も楽しみにさせていただきますとも!
1件1件

やがていつかくるのかな?

父親と息子とはいつまでも父親と息子ではある。 だが父親は老いて衰えてゆくものだし、 子供はやがて大人になってゆく。 いつか力関係は逆転するのかもしれないが、 子供はいつも親の背を見て育つもの。 やはり

この作者の作品

もっと見る