生まれた時からひとりだった

もし、生まれてからずっとひとりだったとしたら、あなたはどうしますか?

安積みかん

1時間33分 (55,262文字)

53 2,191

あらすじ

「全てが真っ白なこの場所が、私の世界の全てだ。私は生まれた時から、ずっと一人だった」 「私」は目を覚ましてから一人で過ごしてきた。 食事はエレベーターを通じて運ばれてくる。 物の呼び方は知らずとも、

感想・レビュー 1

静かで、熱い作品

物語は狭い部屋の中で静かに進行していきます。派手な事件やアクションはありません。 しかし、これは作家として非常に熱量のある作品です。 物の名前のわからない主人公が初めて出会う食べ物を、描写だけで表現す
1件1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0