さらばベテルギウス

オリオン座が、消える・・・

阿賀野たかし

14分 (7,996文字)
星降る夜に 応募作品

21 427

あらすじ

 商店街を抜け、角のケーキ屋を横目に国道を渡ると、僕の小さなアパートがあった。浴びるほど飲み明かしたり、話し疲れて黙りこんでしまった僕の部屋に君はもう来ない。 君と僕が眺めた最後の星降る夜に、オリオン

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る