被害者遺族捜査権 第1部

迷宮入り事件の捜査に、被害者の遺族が参加できるという新法により、富豪の息子と組む羽目になった、男女刑事コンビの苦闘。

時矢

2時間36分 (93,275文字)

39 139

あらすじ

時効が撤廃されても、それに見合う新しい捜査体制がなければ、迷宮入り事件が増えていくだけ。そこで被害者の遺族に捜査権を与えれば、警察とは違った視点から解決できるのではと、新制度「遺族捜査」が始まった。し

シリーズタグ

感想・レビュー 1

一気読み。

第一部第二部通して一気読みしました。 「遺族捜査」による、普通の捜査では用いられないような手法によってもたらされる情報が、迷宮入り事件の突破口になる展開が面白かったです。 単純なミステリでは収まらず
1件

この作者の作品

もっと見る