特集

十四羽の鴉

僕らは、僕らであって初めて僕らだ

佐々木 律

2時間35分 (92,749文字)

50 266

あらすじ

〈普通〉という首輪が生まれたのはいつからだろう。 気づけば誰もがそれに支配され、そうでない者たちは必然的に〈その他〉だと言われる。 知恵の鳥である鴉でさえ、黒でなければおかしいのだ。 翼が二つ無

感想・レビュー 1

社会の有り様を真正面から問い質す強さ

丁寧に練り上げられた、重厚な文章で綴られた刑事モノです。 刑事の相対にいるのは「マイノリティ」。様々な少数派はいるでしょうが、この作品で扱っているのは社会的に理不尽を押し付けられ、そういった「個」で
1件1件