終末

──もう、いいんじゃないか。正直なところだった。

永峯 祥司

3分 (1,590文字)
「あと5分」の妄想コンテストの募集を見て、唐突に頭に浮かんだ初短編。

12 537

あらすじ

最後の仕事を終え、男は1人だった。

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

情報が少ないことの魅力

小説とは 作者のためのものである以前に読者のためのものである 陳腐な情報にまみれた小説より 俺はこの乾いた提示にアートの啓示を見る 
1件

この作者の作品