私本 武蔵兵乱記~小田原北条氏の興亡を、大永元年の甲斐攻めから、史上有名な川越夜戦をクライマックスに、北条幻庵の生涯と北条氏康・同綱成との師弟関係を軸に描いていきます。

北条幻庵の生涯を通して、北条四代の興亡を描きます。

蘭香

歴史・時代 連載中
4時間34分 (163,905文字)
北条幻庵の薫陶を受けた北条氏康と北条綱成の友情と競争を中心に、麻のごとく乱れた戦国関東に秩序が回復されるまでを描きます。

20 384

あらすじ

戦国開闢の英雄・北条早雲死して二年ー。 東国は再び戦雲に見舞われる。 駿河の今川氏親の家臣・福島正成が率いる軍勢が、大挙として、甲斐へ乱入。 甲斐国守・武田信虎は、それを迎え撃ち、激戦のうちに、これを

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2021/5/2