平凡な凸夫の真夏の夜の夢

怖くないよ。怖くないからね。

清水譽稀

コメディ 完結
3分 (1,289文字)

5 21

あらすじ

ワシの敬愛するまたたび丸さんとのやり取りで作った話を上げました。 話っていうほどの物でもないんですけどね。 読んでくださる方の暇つぶしにでもなれば。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

勢いのあるプロローグ

なんでか、凸夫っていう名前がすごいツボでまずそこでずっと笑ってました。猫の足元で寝るとか悲しいし、そこはかとない哀れっぽさあるな~と思ってたら唐突になんか出てきて唐突に金縛り(ここも爆笑)にあって終わ
1件1件

確かに寝れなくなりますね。

睡魔に負けて寝落ちしても、なぜか妙な時間に目覚めてそれ以降眠れなくなるのは経験している方も多いのでしょうね。 スッキリ目覚めて時計を見たら、まだ〇時じゃないかとへこむのです。 しかし、彼が強運なの
ネタバレあり
1件2件