奏<カナデ> ただ、君といた日々が

世界の片隅で生きる僕の物語

たろまろ/「八月三日」書籍化

BL 完結 過激表現
5時間4分 (182,127文字)

499 4,005

あらすじ

あの日を思い出すと切なさでいっぱいになる。 そんなキラキラをあなたは持っていますか? 高校二年生の川瀬奏真(かわせそうま)は、校内の荷物検査でカバンの中から身に覚えのない煙草が見つかり三日間の停学処

感想・レビュー 2

いつかの自分に重ね思い馳せる…迷いと希望の『青春ストーリー』

恋と友情、憧れ。そんな感情たちが交ざりあい、泣いたり笑ったり、時に痛みや切なさを知る…そんな青々しく瑞々しい「青春」を思いきり感じられる物語。 家庭環境が不安定な奏真君。序盤に描かれる彼が抱える寂し
ネタバレあり
2件1件

本当に良かった

最初はバットエンドに近い匂いがしていて、ハラハラドキドキしましたが本当に良かった〜。どの作品も最後はホンワカした気持ちと、よかった〜と言う安心感があり大好きです!!
2件1件

この作者の作品

もっと見る