光りもたらす者~穢れなき神父は堕ちた大天使に愛され真の人間となる~

堕ちた美しき大天使は敬虔な神父を真の人間へと導く

たろまろ/「八月三日」書籍化

BL 完結 過激表現
20分 (11,799文字)

171 2,319

あらすじ

幼い頃から規律と規則と友愛溢れる信仰のもと、純粋に清く育ち神父となった清介。 揺るぎなく、平穏であった日常が一人の信徒により突如一変する。 よく見知った相手に神聖な職場で犯される神父。 初めての穢れ。

感想・レビュー 3

囲われた狭い空間。神聖なその場所で、神父を襲う不条理な出来事。 冒頭から激しい背徳感と息苦しさに飲み込まれていきます。 箱庭のような世界で穏やかに日々を送る神父。その神父が知る由もなく過ごしてきた、
ネタバレあり
1件1件
短編なのに物凄く読み応えがあった。 人を導くはずの神父が、現世の汚れも苦しみも知らないなんておかしな話です。 結局この神父は人間ではあったけど天使と同じだったのですね。無垢で純粋。 だから天上の者に愛
ネタバレあり
1件1件
きゃー♪ 素敵!(≧∇≦) ♪ 私も堕天使に誘われたい(´・×・`) 天使との場面の描写が素晴らしすぎて、幸福感や快感が 高揚と共に伝わりました!
2件1件