電脳闘神ガイッドマンの最終回

小学1年生の時に大号泣した特撮番組の結末は?

黒羽翔 令和の連続テレビ小説

13分 (7,704文字)
思い出はあの頃に置いていこうよ

3 131

あらすじ

 妄想コンテスト「私が泣いた理由」応募作品。  主人公の僕はスマホを見ていると、小学1年生の時に最終回で号泣した特撮番組「電脳闘神ガイッドマン」が、25年ぶりに深夜アニメ化されることを受けて、動画サイ

感想・レビュー 1

読みました読みました☆

キャラが日本史の有名人の苗字と言うのがとても活かすです☆最近は美少女ブームですからストーリーがアレでも可愛ければ…と言う時代になってますね😅しかも自分が知るのは途中から画像崩壊で打ち切りになってしま
ネタバレあり
1件1件

この作者の作品

もっと見る