茜色の青春

夢を諦めなければ大人になれないなら、俺はずっと子供のままでいい。

安積みかん

青春 完結
14分 (7,985文字)

32 691

あらすじ

白石秀介(22)は新米高校教師。 入学式の日、染川真美という生徒に話しかけられる。 「先生ってくろさき……」 何か秘密を握っていそうな染川に、白石は不安を感じる。 ある日、白石は染川から呼び出し

感想・レビュー 2

茜色の青春

新任の高校教師を主人公に、夢を見る尊さと大人になろうとする現実の深い葛藤を描いた青春短編。 就職し、教師になったばかりの主人公。 彼は教師として大人として、生徒と向き合い、仕事に向き合うことに重みと
2件1件

面白かったです!

先生の過去が明かされると同時に生徒からの気持ちも明かされ、序盤の怪しげな雰囲気とは違い終盤は何かが読者に残るような素敵な作品でした✨ 葛藤は出来るうちが青春だ そんな感じですかね? 楽しませて頂きまし
1件2件