嘘ツキ×かわせみ=籠のなか

ときは大正、横濱。婚約破棄された令嬢は選択を迫られる。変人御曹司の花嫁になるか、歌姫となって自由になるか。

ささゆき細雪

恋愛 完結 過激表現
1時間30分 (53,747文字)
レトロモダンな大正浪漫にワケアリ女装男子との甘い恋をどうぞ。

103 486

あらすじ

 大正六年初秋。婚約破棄された没落華族令嬢、立花翡翠(たちばなひすい)は成金百貨店の御曹司の花嫁にと売られてしまった。  この結婚を回避するには、金糸雀(かなりあ)百貨店の歌劇団で首位の歌姫、小鳥遊愛

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る