神様のギフト

何も持たないゲルダからの、たった一つの贈り物。

永倉ミキ

SF 完結
14分 (7,998文字)
初めてのSFです。よろしくお願いいたします。

39 334

あらすじ

 森の中の『施設』には『親』のいない子どもたちが暮らしている。時々小さい子がいなくなることもあるけれど、十八歳になると全員『施設』を離れることが決まっていた。  ゲルダとカイは、十八歳。最後の夏に『施

感想・レビュー 1

余韻の森から戻れない…傑作!

「人の役に立つことはとても幸せなこと」 そう教育されて健やかに育つ子どもたち。穏やかな描写のそこここに、正体不明の違和感とそこはかとない恐怖が散りばめられていて、カイとゲルダと一緒に森をさまよっている
1件1件

この作者の作品

もっと見る