サボタージュ宣言

いつでも殺せた、はずなのに

猫村やなぎ

BL 休載中
16分 (9,301文字)

67 81

あらすじ

城戸与一は知らない。 俺が暗殺者であることを。 副会長、東雲志門が星森学園に来てはや1年。 王子と呼ばれる彼は編入生を校門まで迎えにいっていた。 編入生は志門に告げる。 「城戸与一は、俺が殺すよ」

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません