醤油ラーメン1つ、お願いします

一杯500円のラーメンを頼んだ親子とラーメン屋の店主とのハートフルな物語。

柊あきら

3分 (1,781文字)
少しの時間で読める物語です。いかがでしょうか。

5 656

あらすじ

安いラーメン屋を求めて見つけた一杯500円のラーメン屋。一杯だけ頼んだ親子には深い事情があった。

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

絶望の淵に

もう、これで最後だろうと、一寸先に絶望を感じていた矢先、思わぬ出会いと出来事が。 人生、本当に一歩先が分かりません。 信じられない展開と、醤油ラーメンのスープのように温かい出来事が。 思わぬ、人の温も
1件1件