百年祭〜送り花の言い伝え〜

百年に一度天から降りてくる花は、亡くなった人の魂を連れてくるという。

橘薫

14分 (7,898文字)
妄想コンテスト「花ひらく」に参加しています。

12 15

あらすじ

百年に一度、亡くなった人の魂を乗せて天から降りてくる花を見に、ミリーは村のみんなと崖まで行く。 満天の星空の下、やがて一面の蓮のような花の蕾が現れ、葉の甘い香りを漂わせながら開いていく。その香りを嗅

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません