僕らは浅瀬で恋をする

あの頃は、きっと透明な水色だったんだ。

信心

恋愛 連載中
39分 (23,306文字)
僕は君をいつまでも。

15 154

あらすじ

   高校2年生の夏。 僕は不思議な君と出会う。 それは透明で水色の浅瀬で。 染まる君を見ていたくないよ。 だから。 忘れないでくれ。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2021/4/5