失われた生命に花束を

人が犯した過ちは、人が判断して裁いていくしかない。

池上司郎

42分 (24,886文字)
一度背負ってしまった十字架は、死ぬまでなくなることはない。

13 260

あらすじ

 法で裁くことのできない悪党の殺しを請け負う始末屋がいるという。  彼は何を持って悪を定義し何を基準にして悪を裁くのか。  人の生命の重さに違いはないが、たった一人が亡くなることによって多くの人が幸

感想・レビュー 1

多くの人に読んで、感じてもらいたい作品です。

最初から最後まで心を揺さぶられ続け、ラストにかけては、涙が出てしまいました。 正義とはなにか、それは人それぞれです。そこにどれだけの信念を持てるのかが大事で、正しいと思うことを、最後まで貫くことこそ、
ネタバレあり
1件1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0