色は変わらず花は咲きけり〜平城太上天皇の変

小さな頃、故郷の平城の都で見た花は今も変わらず美しく咲いているのですね(平城天皇)。遷都とか祟りとか身分とか恋愛とか。

Tempp:再び低空飛行

歴史・時代 連載中
1時間43分 (61,269文字)
更新ペースは微妙かもしれない。

32 794

あらすじ

故里となりにし奈良の都にも色はかはらず花は咲きけり 『古今和歌集』奈良のみかど ○あらすじ 奈良の都には梅が咲き誇っていた。 藤原薬子は小さい頃、兄に会いに遊びに来る安殿親王のことが好きだった。 当

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません