かけおち、ごっこ

あのときのぼくらはただ、必死だった。

ささゆき細雪

青春 完結
15分 (8,574文字)
青春の粗削りな部分を前のめりになって書きました。

4 26

あらすじ

修学旅行の日に、かけおちを企てた恋人たち。 ふたりを追跡するのは学級委員の幼馴染と教師ふたり。 ぜったい成功するわけないとわかっていながら、ただ、前を進む。 甘くてほろ苦い、青い一瞬を駆け抜けて。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません