蝉の声

私たちの高校時代は毎日が輝きに満ちていた

華田 もも

8分 (4,759文字)
妄想コンテスト【お迎え】応募作品

8 352

あらすじ

「すぐに帰っていらっしゃい。」 叔母からの電話は、あまりにも突然で予期せぬものだったーーー。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません