偽神託

その嘘は誰を悩ませ傷つけたのか。時は奈良時代。宇佐八幡宮を取り巻く人々の恋の物語。

藤村 乙鳥

歴史・時代 休載中
3時間32分 (126,620文字)
ご覧頂きありがとうございます。通説を大きく歪曲し、各方面に怒られそうな作品です。なにとぞ、温かい目でお付き合いください。

26 689

あらすじ

奈良時代、富や利権を求めて神聖なる神託が「利用」された。 己が発した偽りの神のお告げ「偽神託」によって、ついに鋳造されてしまった大仏を、宇佐八幡の使者 杜女は誰にも言えない苦悩を抱えて礼拝をする。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品