雪は踊っている

大学で出会った俺たちは、お互いに無関心だった。しかし彼との関係は居心地がよかった。音もなく舞う雪のような友情の形。

畑.M

6分 (3,475文字)

10 853

あらすじ

男子大学生の友情の話。 詩人になりたい俺は、寂れた文芸サークルの部室で詩作に耽ることに没頭していた。 室内には、誰が置いたのかアップライトのピアノがあった。彼もふらりとやってきては、鍵盤に指を滑らせ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

文学的な表現

『文学的』という表現がしっくりくる作品でした。内容も、近代文学を思わせる雰囲気があって、好みでした。 2人の学生の、お互いに深く関わらないけれど、大事にしているものは解っているという、ライトである意味
1件1件