セントエルモの火

僕は、目の前に跪く兵士の首に向かって大鉈を振りかざし、命の選択を迫られていた。

遠矢九十九(トオヤツクモ)

11分 (6,088文字)
妄想コンテスト「私を待っていたもの」参加作品です◆

12 171

あらすじ

文明の崩壊した嵐の中で、僕は生きるための道を選ぶ。 (2021.09.21.)

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません