特集

東京アンダーランド ー地ノ底ノ妖シ譚ー

令和後期に起きた東京大崩落は、その後の世界のあり方を大きく変えた。

三矢本

2時間55分 (104,571文字)

37 895

あらすじ

令和後期に起きた大崩落は、世界のあり方を大きく変えた。 崩落によって地下で暮らす妖達と地上で暮らす人間達が互いにその存在に気付く事になり、妖達が暮らす地下は東京アンダーランドと呼ばれ、いつしか人と妖

感想・レビュー 3

幻想的な世界観とリアルな感情

まず初めに世界観の魅力に惹きつけられました。 崩落した東京、その下に広がる異世界、そしてそこに住む妖たち。 筆者さんの文章力によって、どこかノスタルジーを感じさせるアンダーランドの様子は鮮明に描かれ
ネタバレあり

東京の地図を見ながら想像しても楽しいかも…?

東京中心部の崩落により、地上と地下が繋がってしまって…という舞台設定ですが、その行き来は大江戸線から電車を乗り継いだり、実はPASMOが使えたりと、現実の東京とリンクしているので、もしかしたらこんな世
ネタバレあり
1件

この世界観はどうなっていくのか。

10ページまで読みましたので感想を失礼しますm(__)m 世界観、とても面白いですね! きっかけであったり、現状の生活であったり。 日常系で終わらせてもいいのかもしれませんが、最後の大盛り上がりも期
1件