澱みを消して

珈琲に映る謎の女性。覗き込むと、いつの間にか自分が書いた小説の世界に飛び込んでいた。

蒼日向真澄

13分 (7,417文字)
現実ではあり得ない、ちょっと奇妙なお話です。

5 219

あらすじ

 作家である松田は、いつも通り上野にある喫茶店で次回作を考えていた。ふと珈琲の水面をみると、なぜか謎の女性が映っていた。松田はもっとはっきりと見たくなり、珈琲を覗き込む。すると、一瞬記憶がなくなり、気

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません