王女の甘い果実

ご病気の美しい王女を救うため、青年は馬を走らせる!

たやすもとひさ

9分 (5,153文字)
シリーズ「Le Complice・手廻しオルガン弾きの憂鬱」 オスカー・ワイルドなら、違った結末になったでしょう。

14 294

あらすじ

ご病気の王女を救うために、青年は北の果てにある『蜜の実』を取りに行くよう命ぜられた。 赤毛の愛馬は青年を乗せて走り出した。 だが村人は、それはただの果物で薬ではないという。 そして、帰ってきた青年を待

感想・レビュー 2

スノードームのような

残酷と悲劇が、考え抜かれた端正な言葉で紡がれています。 きれいだからこそ、残酷さが際立つ気がします。 残酷さがガラスの中に閉じ込められて、外側から眺めているような感覚になりました。 悲劇すらも余興のよ
ネタバレあり
1件2件

もの悲しくも美しい寓話

物語はうっとりするような美しい文章で始まります。 不器用で身分の低い青年と王女の逆シンデレラストーリーかしら? と目を♡にしてしまった私はうっかり者。 真っ赤な夕陽が、徐々に昏く沈んでいくような、美
1件1件