からたちひめ

人形は最も身近な異形なのかもしれません。

大月 けい

2時間25分 (86,440文字)
完結表示忘れていました( ̄▽ ̄;)

20 552

あらすじ

 寒さ厳しい如月、鈍色の雲間から舞い降りたのは赤い雪。  赤い雪は――異形が目覚めた知らせ。  夕刻の街はあっという間に混乱に呑まれた。    奇妙な事件も起こっていた。  まるで魂を抜かれたように

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません