にゃんたま屋さん

「茶トラのきんたまください」

春チヨ。

コメディ 完結
8分 (4,207文字)
私はきゃんたまって呼んでます。

6 16

あらすじ

仕事からの帰り道。寝静まった深夜の住宅街。疲れ切った私のまえに「にゃんたま屋」という屋台が現れる。デニムの前掛けをしたはちわれ猫が「良いにゃんたまあるよ」と声をかけてきた。 妄想コンテスト「猫」応募

目次 2エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません