忘れさせ屋のドロップス

俺は最後まで言えなかった。好きだって。

遊野煌

恋愛 完結 過激表現
3時間33分 (127,467文字)
本日七夕に完結しました。織姫と彦星に有桜と遥を重ねて……

125 998

あらすじ

 ある理由から、逃げ出すように家出した鈴木有桜。何処にも行く宛もなく偶然たどり着いたのが、佐藤遥が店主の『忘れさせ屋』だった。 遥は、お金と引き換えに不思議なドロップスで『忘れたいこと』を『忘れさせる

感想・レビュー 1

忘れられない事と幸せにならない事はイコールでは無い事

作者さんが一番表現したかったタイトルの言葉で、私の中にずーっと眠っていた気持ちを代弁してくれたように感じて読み進めていきました。 私も忘れられない人や出来事についてたくさん考えてきて、この物語を読む
ネタバレあり
2件1件