特集

赤屋敷駅北裏通り、占いの館『わくわくフォーチュンハウス』

二人の高校生占い師が出会ったのは、不死を自称する女児だった。

saco

1時間35分 (56,961文字)
皆さんに楽しんでいただけるような話を書いていきます。よろしくお願いします。

19 64

あらすじ

賽原 陽(さいのはら よう)と神雫 宵子(かんだ よいこ)は、学校が終わると占い師としての仕事が始まる。場所は光城(こうじょう)駅から一駅過ぎたところにある繁華街、赤屋敷(あかやしき)。 いつものよう

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2022/8/29
特集

新作セレクション[22/09/22]