6分 (3,149文字)
ヒューマンドラマではないかもしれません

11 404

あらすじ

とある夏の日、高木がうちを訪ねてきた。 「頼む富樫、手を貸してくれ」 荷台に積まれたブルーシートの塊。 俺たちは死体を山に埋めに行くことにした。 ______ 妄想コンテスト「静けさの中で」応募

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません