終末期、看取り士の眼光

終末期――死を看取る現場で、情熱と活力に満ちる瞳を目にした。

長久

1時間37分 (57,848文字)
終末期――死を看取る現場で、情熱と活力に満ちる瞳を目にした。

37 772

あらすじ

 高校生時代、ケガで野球が出来なくなった際、理学療法士によるリハビリによって救われた今泉昴。  スポーツ現場で情熱的に働く理学療法士に憧れ、彼は理学療法士の道を目指し大学へ進学した。  しかし、彼を

感想・レビュー 3

素晴らしい作品!

感動しました。 医療従事者の方々には家族で常日頃お世話になっています。 週末医療は義父が亡くなる時、お世話になりました。 義父亡き後、認知症の義母との同居が始まり、当時は子育てとのダブルケア状態でした
1件1件

初心に戻れた気分です!

素晴らしい小説、どうもありがとうございました。主人公と同業で実習生指導が好きな性分なので「まさか、このテーマで書くかたがいるんだ!」と度肝を抜かれて一気に読んでしまいました。この業界事情をここまでリア
ネタバレあり
1件2件

非常に刺さる内容でした

仕事に対するモチベーションの保ち方や葛藤そして不満や不安、自分は一体何がしたいのか、意味がある事なのか、若かりし頃に感じた葛藤が文章を読み進めていくうちに蘇り、一気読みしてしまいました。 長久さんの
ネタバレあり
2件1件