蕾~サクラ咲く日まで序章~

混沌とした時代に誠を掲げた新撰組と少女のお話。『サクラ咲く日まで』の序章です。

遠谷乃菜

7時間24分 (266,181文字)

4,033 586

あらすじ

『サクラ咲く日まで』を閲覧頂き本当にありがとうございました☆   番外編というより、序章にあたります!     1870年、なずなは市村と東京でひっそりと暮らしていた。   ある日再会した人物の言葉を

感想・レビュー 1

またまたコメントさせてもらいます!!サクラ咲く日までを読み終わったあとすぐにこちらも読ませていただきました! 本当に良い作品です… 涙がとまらない(泣) 沙希ちゃんがあのあとどうなったかが気になり
1件

この作者の作品