つぶやき一覧

削除しまして、すいません。そして、改稿でこんにちは。 『刑事、暗殺者を愛す』です。 この作品は『不埒ものを恋叫ぶ声』ビーボーイ様受賞作として掲載していた、初代です。 しかし2017年と昔のもので、 ・いまよりずっと技術がなかった(恥死) ・出版権が当方のもとへもどった ・応募にあたり10万以上の文字を無理やり7万文字にした ・タイトルがひどい などの理由で、ちゃんと出してやれないものでした。 いまが完璧とは言えませんが、読みやすくなっています。そして、絶対に面白いのです! でなきゃ全面改稿などいたしません! ので、よろしくお願いいたします。
本日2.21日より『不埒ものを恋叫ぶ声』を連載します。思い出深い作品なので、楽しんでもらえたら嬉しいです。かなり疲労困憊しておりますので、ページコメントなどよろしくお願いいたします! 感想は何よりの宝です!
3件
2019年、10月出版の「小説ビーボーイ」さまにて、奨励賞をいただきました。投稿前、昨年の10月だったか、完結という一気出して2週間だけこちらに挙げていた『不埒ものを恋叫ぶ声』という作品です。 胸のつかえがとれて、ほっとしたと同時に読み返せば、もんどりうって「みょ~」と奇声をあげたいような文章で、ただただ必死こいた作品という印象でした。 (あれだけ読み返して推敲したのに、小説っておっかない…) 著作権は発生していないので、再度、手を入れてからこちらにあげようと思います。 基本、投稿スタイルなので一定期間出したらひっこめてしまうので、長編はこちらにないという有様です。いま連載の『青咲誇―君と
6件
一年ぶりで忘れ去れていると思っていたなかで、スターをいただけ、読んでくださることに感激しています。最後まで連載し、完結させますのでよろしくお願いいたします。
ずいぶんと時間が空いてしまいまして、すいません。新作連載です。記憶の謎を解く一途BL。ハピエンです。 平日17時、土日10時更新。 ◆青咲誇―君と僕の世界線― 絶対忘れない僕は、絶対に思い出さない君と巡り合った。 神無木(かんなぎ)は前世の記憶を抱えたまま大学入学を果たし、恋人だった相手と再会する。しかし、名前さえも思い出さない姿に失意と怒りを抱き、係るものかと決めたのだが、ある日、動画の音に振り返った。 そこには再生を繰り返し、聴き入る恋人だった白瀬(しらせ)がいて――。
1件
更新止まっててすいません(汗)改稿やらで時間が取れず。いま続きを書きながら、ついでに推敲しているので来年あたりには再開したいと思います。
『血吸いの闇と軍医の夜』更新です。ー知らぬ世界は危険に満ちていたー。 公式イベント《さよならの理由》の短編書き下ろしです。イヤミスですので、ご注意ください。 『あなたにだって叶うこと』/_novel_view?w=25183439
『血吸いの闇と軍医の夜』更新しました。ちょっぴりエロティックになり、お狐さまも登場です。本日奇数日で、休日なので早め更新です。ゲツには漢字があるのですが、常用外なのでカタカナです。
『血吸いの闇と軍医の夜』更新しました。口と性格の悪い男に難儀しつつ楽しんでいます。明日も奇数日なので更新します。
『血吸いの闇と軍医の夜』更新しました。新キャラ登場です。俺様キャラはふたり。主人公、伍代が翻弄されていきます。次回は8月31日19時更新です。
【不埒ものを恋叫ぶ声】 限定公開を終えました。 読んでくださってありがとうございました<(_ _)>
1件
スターを本当にありがとうございます。 受けるお話しではないのに、「読んでくれている人がいる……!」 と思って2時間後見ると、まだ読んでいていてくれて、それだけで泣きそうに嬉しいです。御礼はお伝えできませんが深く感謝します<(_ _)>
1件
『不埒ものを恋叫ぶ声』完結の形で一挙公開です。 ――堕ちていくのに、それは幸せであるかもしれない―― 切なさを目いっぱい詰め込みました。対格差、年齢差、敵対。 淡雪とおりょうの恋をどうぞよろしくお願いいたします!!!
1件
『斜交い』のお陰で『斜交い2(仮タイトル)』へ足を運んでいただき嬉しいばかりです。続くつもりで書いていましたが電子書籍が先になってしまい、その後の新作を書いていまして、2は更新があるとはお伝えできない状況です。書かなければならない作品であれば、その時はきっとわかりますので今はこのまま止まったままでいさせていただく無礼をお許しください<(_ _)> 新作は来年2月を目途にこちらで連載していきます。
愛という不確かで見えないものに傷つき、失い続けた時間の中をすごしてきた。 けれどそれはもう終わったのだ。 愛し、抱き合い、互いの腕の中にある命。 にぎった手が力強くにぎり返される。優しく唇が触れた。 ――長い夜が明ける。過去の鎖が断ちれる音を耳に聞いた。 【斜交い 終】 /_novel_view?w=24879084 終わりを向かえました。 「傷つき、痛み、それでも愛することは喜びなのだ」 そう伝えたいお話しでした。 傷と再生の物語が、どうかあなたの心に残りますように。 センシティブ 大人向け シリアス 年下攻め
次第に上気していく肌はうっすらとかいた汗でしっとりと手に貼りつく。  胸元にちゅ、と音を立て、畔上を見ると震えながら小さく頷いた。コットンシャツのボタンを外していく。黒のシャツに包まれていた肌は、ぼぅと淡い光をあびたように白く、乳首の幼い色が誘うように色づいている。身体をつくる筋はしなやかな美を浮きあがらせ目を離させる猶予を禁じる。  俺は自分の衣服を脱ぎ、覆い被さり耳元でささやいた。 *** そういったきり畔上は視線で想いを伝えた。瞳の池はゆらゆらと目を潤ませ、睫毛に涙の滴が朝露のように輝く。深く口付け肌に触れた。 舌先で つつくと口内へと受け入れ、ねっとりと絡め合わせる。敏感な粘膜は刺激に
「おまえが知って何をどうすんだ。もう過去の話だ。なんもできやしねえよ。俺らは人の知られたくねえ闇を覗くのが仕事だ。それを金で売ってんだ。畔上がおまえと平和に暮らしてんならそれがすべてだろ。あれもこれもと欲張ってんじぇねえ」 *** 「……気が立っててよ……。抱きしめてもいいか……」 「いいよ」 その言葉に腕を伸ばし背中を抱き寄せた。あの痛ましい身体は、いま俺の腕の中にある。 二年の孤独を堪え秘めた身体。労わるように背を撫でる。 *** 今朝、触れただけの唇。俺の頬を包み込んだ両手。畔上の優しさ。 両手を伸ばし、畔上の頬を包んだ。 「あんたの全部をもらっていいか……。思い出も、身体も
大人であっても痛い。声を上げて泣き、助けを求められないから、なお痛い。それを感じていただけたらと願います。『斜交い』更新。link:novel_view?w=24879084 センシティブ 大人向け シリアス 年下攻め
『斜交い』久しぶりに挿絵を入れました。センシティブ 年下攻め シリアス 大人向け
『斜交い』も大詰めを迎えましてプロローグの書き換えを行いました。やっと納得したかなと一息つきました。link:novel_view?w=24879084 センシティブ 大人向け シリアス 年下攻め
挿絵好評なようで、毎日入れて更新します。link:novel_view?w=24879084
『斜交い』順次、挿絵を入れていきます。link:novel_view?w=24879084絵と共に少しでも楽しんでいただけたらなら幸いです。
『斜交い』佳境に入ってきました。毎日更新、挿絵も順次入れていきます。 大人の切なラブ。 【R18】 【大人向け】 【八ッピーエンド】 【年下攻め】 【センシティブ】
―― 男も恋も必要ない。萌え。それこそがすべて―― 笑っていただくためだけの5分で読める腐女子話し。身に覚えのある話しだと笑っていただけたようでよかったです。さぱーと書けました。 だって自己紹介のようなもの……。【お笑い】【腐女子】
笑っていただくためだけの5分で読める腐女子話し。 https://estar.jp/_novel_view?w=24888737
だいぶ佳境に入ってきました。少しでも楽しんでいただけるよう、挿絵を入れています。構図など凝ってはいないのですが、お口直しになれば嬉しいと思います。https://estar.jp/_novel_view?w=24879084
冒頭含めて更新しました。大人の傷と再生の物語です。 https://estar.jp/_novel_view?w=24879084
『斜交い』大幅改稿いたしました。11月30日までたいてい毎日更新します。
1件
「〇〇を半分」に参加しました。当初これは自分のために書いたもので、短編というより、ショートショートに近いものです。ですが、読んでくださった方々からいただきました感想を読んだところ、 「これは、キチンと書かないかん。特に”押しとなる言葉”がない」 と思い、考えて「未来」を思わせる一文を加えました。文体も整え直し、誤字も訂正しました。みなそれぞれに『家族』について思うところがあるのだなと考えさせられました。BLでは、夢物語として「嘘でできたものを本当っぽく書く」ことをしますが、「現実だけど、嘘だよ」。そんな話も書いていこうと思います。
1件
新作、順調に書いています。2万文字を無事超え、話が本格的に動きだしました。前作『斜交い』『斜交い2 仮タイトル』とは、まったく方向性で、疾走感を意識しています。「三行から」シリーズの短編には、また、違う方向性のものを応募しますので、そのときはよろしくお願いします。えっと、死んでませんので(;゜∇゜)
1件
もっと見る