ヨムヒト

相変わらずの語彙力は健在の作家さま、

冒頭が美しく踊る情景。 小手先のテクニックではない語彙力をうまく大和言葉でまとめたりする。 立ち葵、紺碧陽、ビードロアオイ、碧陽。 どこまで考えて書いているのか。夜に咲く花のように、素晴らしい。現代劇
4件
ヨムヒト
色々な作風を楽しめ、この作品の世界観が余りにも綺麗で汚す事が出来ません。心情描写も独特の世界をみせてくれる作家さんです。執筆がとても早くて読にみ行けば新作が上がっているので、一人で何度も美味しい不思議
4件
ヨムヒト
この作品は、あとがきを読むと、作品の主軸がはっきりしていて、それをオブラートに包みながら、進行していく作品で、最後のシーンの拝啓だけで終わらせる事で、冒頭のシーンのこの女の子の、遠くの自分の居た街を見
ヨムヒト
このこたつ、入りたいです。 面白い作品ですね。「こたつだと!?」で、笑ってしまいました。 銀魂の大晦日回思い出し、また笑いが込み上げる作品でした!!この笑い好きです
ヨムヒト
レビューさせて頂きます。甘い、若い、どきどきの濃縮ですね。 きゅんっとする恋の物語、さらっとした文章が高校の時を思わせる。 最後が、余韻よりぶつ切りなのが気になりましたが。これは、わざとだと良いと思い
ネタバレあり
ヨムヒト
感想は、全部読みましたが、酷評かも知れませんが、気を害されたら申し訳ないです。 偏った考えは、若さからくるものとして描いたのか?文が軽いなと思いました。ライトミステリーというよりは、まだ確立されていな
1件
この作品は、とても詳しい時代風景があり、描かれるなかに二人を音楽や映画のなかに織り混ぜています。 淡々と進む作品が、とても深く感じると思う作品です。6章から、終盤に行くんですが、終盤に行くとしっかりと
1件
ヨムヒト
読み終えた感想は、喪主の夫の不器用な所と、片想いの後輩、天国に気持ちが伝わっていたのは、後輩です。そう思いますけど、天国に行った彼女に不器用な愛を届けたのは夫だと思う。それが切ない話と思います。 夫の
ネタバレあり
1件
まず、表紙で読もうと思いました。 作品は、表紙の世界観と同じ感じです、じわっと感じる。 追記、最終章がうまいと言える作者ですね。
3件

この作品は非公開になりました

この作品、最初からの伏線が、最後辺りで回収されてってるのには、驚きました。 計算してみたら、誕生日の曜日があって又びっくりした。どれもリアルですよ。
2件
この家族愛は、簡単な愛とは、まるで違う家族愛を感じる。特に母と子に深く切り込んだって話。 これ詠んだ後は余韻がある。
1件

この作品は非公開になりました

ヨムヒト
妖精のよう、素晴らしい世界、自分まで迷い込みたくなる作品ですねー のんびり文字をひとつひとつみたい
ネタバレあり