自己紹介

***お願い*** エブリスタを読み始めたごく最初の頃、たしかカメラマンの彼が小説家になった高校からの大親友に、押さえきれなくなった思いを告げてしまい、告白された親友は青天の霹靂に戸惑い悩みながらも、

投稿作品

投稿作品はありません