このページのリンクアドレス

エブリスタ
戦闘旗揚げ!

小説 歴史・時代

戦闘旗揚げ!

新田 遼(瑞峰)

(2)

歴戦の通商破壊艦「ペルザー・カッツェに与えられた最後の任務とは・・・?

完結

1187ページ

更新:2018/02/21

説明

第三帝国武装親衛隊が唯一保有する水上艦艇、「仮装巡洋艦ペルザー・カッツェ」は3度の出撃で10万総トン数を撃沈・拿捕していた。艦長はデンマークで海運業を営むローレル海運の若き女性社長。乗組員も社員たちだ。ナチ政権下の欧州で生き残る道を模索した結果が、義勇SSに入ることだった。その彼らに命令が届く、連合軍制海権下の北大西洋を突破し、アメリカ合衆国へ向かえというのだ・・・。作戦の真意は何か、ロシア戦線から来た、2名の招かれざる客を乗せた時、ペルザー・カッツェは呪われた最後の航海に出立した。

この作品のタグ

作品レビュー

新田 遼(瑞峰)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント