このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

マウンド

小説 青春

マウンド

丘多 主記

(18)

野球が好きなら、ここから立ち去ろう…

休載中

238ページ

更新:2015/11/14

説明

かつてシニアリトル界で、“九州にその男あり”と言わせた一人の天才投手がいた。

しかし彼はその後、不振によって苦しみ、周囲の人間の心ない言葉によって人が変わってしまった親友により、濡れ衣を着せられ、シニアリトルのクラブを辞めさせられてしまう。

これはそんな天才投手と勝ちに恵まれない弱小校の物語である……

◆ーーーーーーーーーー◆ーーーーーーーーーーー◆

誤字脱字やアドバイス、評価はコメントに書き込んで下さい。ただし、この小説はファンタジーベースボール的な要素を多く含むので、リアリティがないとかいう見当違いなレビューはお控えください。

また、編集作業は誤字脱字以外は速攻で、それ以外のことはちょこちょこやっていきます。

なお、ルールは2012年の公式ルールを採用されてますので、現在のルールでは反則になるプレーもございます。ですから、その辺でのコメントもお控え下さい。

現在主人公達のキャラ絵や表紙絵を描いてくれる絵師さんを大募集中です!(描いてもいいよという方はコメント下さい)

是非よろしくお願いします
◆ーーーーーーーーーー◆ーーーーーーーーーーー◆

[リンク]まだ一部のキャラだけですが、設定本できました。キャラがわからない時は、こちらをみてください。

エブリスタの新アプリが出ましたが、私は新アプリのために書く気はさらさらありませんので、ブラウザの方で見ることをお勧めします。


※この作品は小説家になろう、カクヨム(以上、敬称略)でも連載しています

この作品のタグ

作品レビュー

■□■□
■□■□さん
【作品】マウンドについてのレビュー

ネタバレ

更新分まで読ませて頂きました!

まず、全体のストーリーですが王道のど真ん中なので、野球に興味がないと言うより野球物に興味が無い私でも、続きが気になってぐいぐい読み進める事が出来ました。主人公以外の主要キャラも魅力があって、それぞれの個性が良い味を出していて、キャラ読みも出来るので、それぞれに暗いエピソードがあるものの疲れずに読めて良かったです。

全体的に見ると、ありがちになる王道ストーリーをキチンと惹き付ける肉付けが出来ていると思うのですが、特に人物紹介とその過去の場面での説明口調が多く、

A登場→ベッドや風呂場でのあらすじ的過去回想→何やら説明口調な独り言

というパターンが散見され、様々な過去を持っているはずなのに、大雑把に『皆野球の事で何か過去がある。』との印象しか残りませんでした。

主人公の過去エピソードなんかは結構前半のメインを引っ張る重要なポイントのはずなのに、比重としてはカッサーの過去とたいして変わりないくらいあっさり軽く感じてしまいました。

せっかく作り込んだキャラ達なので、魅力を存分に発揮させたい気持ちも解らなくもないのですが、もう少し的を絞って効果的に過去を見せたりする方がメリハリがつくと思います。

所々で普通の会話では絶対に無いだろう取って付けたような台詞も若干気になりました。あ、幸長さんの台詞ではないです。彼はもうどんなにクレイジーでファニーな台詞でも受け入れる土台作りが出来てます。結構お気に入りです。

台詞で言わせた方が効果的なのか、態度で見せる方が効果的なのか、対話させるか、情景で語らせるか。あるいはバッサリカットするか。読み手の目をどこへ向けて、どのような感情を持つように仕向けるか考えて構成を立てると、もっと一試合毎の山が出来て楽しく読めると思います。

野球の試合部分は、最低限のルールと球種しか知らないので、知らない用語がポツポツ出てきて、もう少し解説欲しいなぁと思ったりもしましたが、訳が解らず立ち止まるほどでは無いので、おそらく今くらいの説明程度で押しきるのが一番テンポが良いかと思われます。

あ!あと、章の始めの予告編みたいなヤツは好きです。ワクワクします!

様々な事を書きましたが、この先どうなるのか、楽しみになる作品です!完結まで頑張ってください!応援しています!

もっと見る

2015/01/28 02:36
コメント(1)

丘多 主記さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント