このページのリンクアドレス

エブリスタ
今でも、ずっと忘れない

小説 青春

今でも、ずっと忘れない

顔面ヒロシ

(1)

僕がこの病院に入院したときから、10年が経った。

完結

8ページ

更新:2016/12/31

説明

かつて小児がん患者としてこの病院に入院していた僕。夏木新太がここを去ってから10年が経った。
手術に成功した彼が今夜病院の中で取り掛かるのは、色とりどりのトンボ玉をつるしたツリーを立てること。
それは、かつての作業療法で一緒になった師匠、川縁さんの残した遺言でもあって――。

――クリスマスを控えた深夜、僕はこの病院でサンタクロースになる。


クリスマス企画『カレンダーに秘めた想い』に参加しています!

この作品のタグ

作品レビュー

顔面ヒロシさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント