このページのリンクアドレス

エブリスタ
セピアングレイの待ち人

小説 ヒューマンドラマ

セピアングレイの待ち人

かるり(藤華るり)

祖父は亡くなり、待ち人は消えてしまった。

完結

18ページ

更新:2017/08/22

説明

遺品整理で祖父の部屋掃除をしていた時に見つけたアルバム。
そこから出てきたのは、小汚い紙だった。
元は写真だと祖母が言う。
「連れてったんだ。長いこと、待ちぼうけ食らったもの」

ここに映っていたのは祖父の、不幸。

この作品のタグ

作品レビュー

かるり(藤華るり)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント