ぜろ記念日ラブオール

「尊い。可愛すぎてしんどい」挨拶すら許されず、両片思いの彼は今日も私に悶えている

6 10

恋愛 完結
13分 (7,653文字)
エブリスタ×角川ビーンズ文庫「恋」短編コンテスト第6回「はじめて」  応募作品です

目次 1エピソード

あらすじ

古海怜奈こと私は、クラスメイトの空野くんと両片思い。でもまともに話したことは一度もない。 今日も聞こえてくる空野くんの「古海さん尊い」の声。授業や昼食、事あるごとに空野くんは悶えている。爽やかで恰好い

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/8/25

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る