氷海鳴き

祖母にとって流氷は浮気者だ。従兄と接するうち、私はその理由に近づいていく。

かるり(藤華るり)

20分 (11,899文字)
1/18 改稿

14 37

あらすじ

オホーツク海に面した流氷のまち。おじさんが撮影した流氷は素晴らしいものだった。観光ポスターに採用された写真だったが、祖母は流氷を『浮気者』と嫌った。 幼い私は従兄と共に成長するうちに、流氷が浮気者であ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る